PUBLICA Galleryとは

PUBLICA Gallery(パブリカ・ギャラリー)は、写真集作成アプリ『PUBLICA(パブリカ)』で作成した写真集を広く出版・販売したいフォトグラファーと、いろいろな写真集を購入したいファンとを結ぶギャラリーです。

写真集、イラスト集、チャリティフォトブック、まんが、同人誌など自由な発想で作って、自費出版したい方を応援します。

 

はじめて出版・販売したい方

PUBLICA Gallery(パブリカギャラリー)は、はじめて出版・販売したい方を応援しています。
PUBLICA(パブリカ)にてフォトグラファー登録されている方は勿論ですが、写真素材はあるけれど編集するのはちょっと苦手とか、一眼レフの写真を写真集にしたい、表紙デザインの制作からお願いしたいなどお気軽にご相談ください。

 

<制作から掲載・販売・入金までの流れ>は「写真集を作って販売する」をご覧ください。

 

PUBLICA(パブリカ)とは

PUBLICA(パブリカ)は写真集を簡単に作成・印刷できるiphoneアプリ。写真集のサイズは4種類、全て28ページ。写真を自由自在にトリミング(大きさ、位置)できます。また、レイアウトは8パターンから選択できる高機能で便利な写真集作成アプリです。

PUBLICA(パブリカ)のご案内

PUBLICA(パブリカ)の操作方法が分かります。<基本編>

フォトグラファーの操作方法が分かります。<フォトグラファー編>

フォトブック作成アプリ
PUBLICA「パブリカ」無料ダウンロード
QRコードまたは、App Storeの「パブリカ」で簡単に検索できます。

運営・開発元
株式会社スマートブリッジパートナーズ


※はじめて出版・販売したい方、お気軽にご相談ください。

メモ: * は入力必須項目です